鑑定手法:ルノルマンカード占い

THEOの鑑定概要

THEOの鑑定では、ルノルマンカード占いをおこなっております。
対人関係のご相談では心理学の見地も合わせてアドバイスさせていただくこともあります。

 

ルノルマンカード占いとは?

ルノルマンカードとは、マリー・アントワネットやナポレオン妃ジョセフィーヌも顧客だったと伝えられる、18世紀のパリで大活躍した伝説の占い師「マドモアゼル・ルノルマン」の名を冠した占いカードです。マダム・ルノルマンは、ナポレオンの妃お抱えの占い師でナポレオンの隆盛を予言したと言われています。タロットカードは占い結果に比喩表現が多く予言が若干曖昧になりがちですが、ルノルマンカードは直接的な文章でピシッと答えが出せるという特徴があります。

 

スプレッド方法

ルノルマンカード占いは、36枚のカードを使い、鑑定をおこないますが、複数の鑑定手法があります。

 

グランタブロー

36枚のカード全て使い、象徴カードとキーカードとの距離と経路より将来を読み解きます。8✖4+4列の配置をおこないます。

 

9カード

36枚での方法の基本は、キーカード(象徴カード)を中心に読む9カードにあります。1つの問題を掘り下げて読んでいく方法になります。まずは3✖3で配置をおこない、左列が過去、右列が未来、中央列が現在を表します。

 

5カード

中心にキーカードを使って、5カードリーディングをおこないます。

1枚目が過去、2枚目が近い過去、3枚目はもともと配置したキーカード、4枚目は近い未来、5枚目は未来を表します。期間としては、2枚目4枚目はおおよそ3カ月程、1枚目5枚目はおおよそ5ヵ月程度を表します。

 

スリーカード

2枚目の時よりもより詳しい文章ができます。1枚目を過去、2枚目を現在、3枚目を未来におきる出来事として読み解きます。

 

ツーカード

2枚の組み合わせを使い、1枚目を主語、2枚目を述語として読んでいきます。ツーカードは2枚のカードのキーワードを繋げて文章にします。ごくシンプルな質問に対しての答えがでます。

 

ワンオラクル

ワンオラクルは1枚のカードを使い、質問に対して答えを読み解く方法です。主にYES/NOで返せる答えを質問します。

 

カードの種類と意味

 

01:CAVALIER(騎士)

02:CLOVER(クローバー)

03:SHIP(船)

04:HOUSE(家)

05:TREE(木)

06:CLOUD(雲)

07:SNAKE(蛇)

08:COFFIN(柩)

09:FLOWERS(花束)

10:SCYTHE(大鎌)

11:BIRCHROD(鞭)

12:BIRDS(鳥)

13:CHILDREN(子供)

14:FOX(狐)

15:BEAR(熊)

16:STAR(星)

17:STORK(コウノトリ)

18:DOG(犬)

19:TOWER(塔)

20:GARDEN(庭園)

21:MOUNTAIN(山)

22:ROAD(道)

23:MICE(鼠)

24:HEART(ハート)

25:RING(指輪)

26:BOOK(本)

27:LETTER(手紙)

28:GENTLEMAN(紳士)

29:LADY(淑女)

30:LILIES(百合)

31:SUN(太陽)

32:MOON(月)

33:KEY(鍵)

34:FISH(魚)

35:ANCHOR(錨)

36:CROSS(十字架)

 

 

 

 

 

 

 

占いTHEO@大阪