パソコンの壁紙や画面調整の方法について

パソコンの「画面設定をカスタマイズしたい」、「好きな壁紙にしたい」という方必見です。本記事では、Windowsの方に向けて、自分の思うように画面を設定する方法をご紹介します。

2018年08月17日 更新


画面の調節

パソコン画面の明るさについて

明るさを調整するにはパソコン「スタート」から「コントロールパネル」を選択します。
表示方法を カテゴリ▼ に設定し「ハードウェアとサウンド」をクリックすると「電源オプション」の欄に「画面の明るさの調整」があるのでこれをクリックします。
電源プランが選択できます。プラン設定の変更から画面の明るさのバーがあるので調節し、変更の保存をクリックすることで変更は完了です。
パソコンの画面が暗い場合は、電源プランが省電力モードになっている可能性があるので、設定を変更することで明るくなります。

パソコン画面サイズについて

画面を拡大したり縮小する方法は、Ctrlキーと+(プラス)キー、-(マイナス)キーを同時に推します。
Ctrlキーと+キーで拡大、Ctrlキーと-キーで縮小となります。
パソコンを全画面表示にするのにはF11キーを押すことで可能となり、解除する際もF11を押します。

パソコンでスクリーンショットをとる方法

スクリーンショットとはいわゆるPCの画面コピーやキャプチャとも呼ばれています。
キーボード右上のF12の隣にあるPrt Scを押すことでパソコンの画面すべてをスクリーンショットすることができます。この時点でスクリーンショットした画像はパソコンにコピーされているため、ペイントを開き貼り付けるを選択することで画像編集・保存などできるようになります。
画面すべてではなく一部の画面のみをスクリーンショットしたい場合には画面の一部を右クリックした後AltキーとPrt Scキーを押します。上記と同じようにペイントに貼り付けることで編集や保存ができます。

パソコンの壁紙の設定方法について


パソコンのデスクトップに欠かせない壁紙ですが、自分で好きな壁紙を設定したりおしゃれな壁紙をダウンロードして設定することが可能です。
壁紙を設定するには、デスクトップ上で何もないところを右クリックし、表示された一覧から「個人設定」を選択します。続いて「個人設定」が表示されるので、デスクトップの背景やウィンドウの色、サウンド、スクリーンセーバーをまとめて変更するにはテーマを選択することで変更できます。

壁紙のみを変更したい場合には、「デスクトップの背景」を選択し、「画像の場所」ボックスから壁紙にしたい画像があるファイルを開き、一覧から設定したい画像をクリックし変更の保存をすれば完了です。

PCの動く壁紙については、さまざまなアプリを使用することで可能になります。
ここではWallpaper Engineを使う方法をご紹介します。Wallpaper EngineはSTEAMにて配信されたソフトで、購入するにはSTEAMをインストールしてアカウントを作成する必要があります。Wallpaper Engineは3Dリアルタイムレンダリングの画面、動画、Webページ、アプリケーションから壁紙を作成でき、価格は398円です。パソコンのデスクトップに好きな動画(MP4形式なら)を設定できることからSNSなどで口コミが広まり爆発的に人気となりました。


パソコンの画面を印刷する方法

上記で説明したスクリーンショットをとる方法を行い、ペイントを開いたときに左上のタブをクリックし印刷を選択することで可能になります。

パソコンの画面がつかないなどのトラブル


画面がつかなかったり黒い画面になってしまう、消えてしまうなどのトラブルがある場合はパソコンのハードウェアが不調、パソコンが故障している、ウイルスに感染しているなどの可能性があります。
対処法としては、パソコンの電源を落とし電源ケーブル、ACアダプタ、バッテリーなどを説明書に基づき取り外し、そのまま5~10分ほど放電させます。
放電処置を試しても症状が変わらない場合はパソコンの内部部品、マザーボードや液晶パネルなどが故障してしまった可能性があります。ノートパソコンの外部モニタ接続端子から、モニタ出力を試します。
アナログ(RGB)接続ができるモニタ、テレビなどがあれば、アナログケーブルで接続し、[Fn] と [F8] キーを同時に押して外部出力へ切り替えます。外部モニタに画像が映る場合は液晶パネルの故障が考えられます。