INF69317

10年文章塾 口コミ体験レビュー

「ブログが続かない」

このような悩みを抱えていらっしゃる方は多いですよね。

その理由は何でしょうか?

・成功体験がない

「今から私の成功体験を書きます。ピンときた方はぜひ私のセミナーに」

そのようなブログを書き、早速セミナーのオファーが..

それ以降は、

「セミナーを開催しました」

そんな記事を書き続ければいい。

そのように考えていないでしょうか?

当然ですがそのようなブログ、

無理

です。

多くの方がそのように思われていないでしょうか?

これが多くの方が「ブログを書けない」「続かない」最大の理由です。

しかし、実はこの考え方がそもそも間違いです。

にもかかわらず、このようなブログを書こうとする理由は何故でしょうか?

「ブログセミナーで、セミナー講師のブログがこんな感じだった」

だとしたら、そのブログが「間違い」です。

実はそんなブログが最初から書ける人、おそらく全体の1%くらいしかいません。

わざわざセミナーに参加し、あるいは本を読んでこれからブログを始めようとする人。即ち、

99%の人に必要な書き方

それは上記のような書き方ではないのです。

にもかかわらず、なぜセミナー講師はそれを教えないのか?

むしろ逆。1%の内容を積極的に教えるのか?

実はこれには大きな理由があります。

「自分の実績をアピールしたい」

たった一人でもいいから、

「自分のセミナーから成功者が出た」

もしもあなたがセミナー講師だったら..そういう事例、アピールしたいですよね。

そのため99%の受講生に必要な情報を提供しない、というより出来ないのです。

多くの方は当然ですが「99%」です。

したがって..

「年収○倍アップ」

「トップセールス」

そんな実績のある人の体験をカッコよく書く..そんな書き方が真似できるわけがありません。

実は、これが多くの人が「ブログを書けない」理由です。

では、そういった人達は一体何を書けばよいのか?

何も実績がない人が書いたブログが、0から多くの読者を獲得する。

そして多くの読者を獲得し、成功者として名乗りを上げる方法はといいますと..

10年間挫折せずにブログを書き続けた驚きのメソッドを提供します

【※文章例用意致しました。参考までに】

「ブログが続かない」

このような方、多いのではないでしょうか?

かくいう私も挫折経験があります。

今でこそアフィリエイトで稼ぐというテーマなら書けます。しかしそれ以外だと..難しい。

これから紹介する商材は、

「何の実績もない人が10年間ブログを書き続け、かつ多くの読者を獲得した」

著者の比嘉晃司さんは行政書士です。皆さんは行政書士ってどんなイメージでしょうか?

「あの食えない資格?」

だとしたら多くの方はこう思われるでしょう。

「何かある」

例えば「開業して年収10倍アップ」。そんな人が、

「成功した行政書士のブログ」

..実は違います。この内容を見る限り。

・ホテル系の記事のみ

・行政書士としての情報が0

もしかしたら「アレ、実はこの人食えてない?」

そう思われても仕方ないくらい本当に何も書かれていない(比嘉さん、スミマセン)

しかし裏を返せば「じゃあ、何を書けばいいのか?」。

逆に私は興味を持ちました。そう、まさしくそれなんです。

「ホテルの朝食」

この話って..もし比嘉さんが会社員だったら?あるいは学生なら?

にもかかわらず、

「書けてしまう」

そして、

「読んでしまう」

これってすごいと思いませんか?

もし私が、

・食えない行政書士なら?

・普通の主婦なら?

きっとこう書いてしまうかもしれません。

「月収〇円を目指す××のブログ」(爆)

見る側からすればこれほど退屈なブログもないですよね。「誰もテメーの願望なんか興味ねーよ」って(笑)

でも比嘉さんのブログ、そして商材は違うんです。

「つい、家族や友人に伝えたくなっちゃう」

自分が誰かに伝えたい事。じゃなくて「読者が誰かに伝えたい事」。

それに書くのに実績なんて関係ない。

私はこれを見てハッとさせられました。

「そうか、読者が見たいのはコレだ!」

まさしく「顧客第一主義」。

同時に私はすごく勇気づけられました。

「稼げなかった頃の自分に伝えたい!」

思わずそんな気分にさせられてしまう。そんな「暖かい」商材なんです。

検討の際に最も参考になるのは、こちらのページがピカイチです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


【10年文章塾の最も参考になるページ】

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑