キーボード設定間違ってる?!Windows10版簡単設定変更


キーボードには、配列に着目して、英語配列(ASCII配列、US配列)と日本語配列(JIS配列)の2種類があります。この違いによって、日本語変換や特殊文字の入力時によって、思うようにならないということもあります。ここでは、キーボードの種類の見分け方やそれぞれのキーボードの設定方法、またその他手キーボードの小ネタについてご紹介します。

2018年07月18日 更新


キーボードの設定/見分け方

▼キーボードの見分け方

下記に、英語配列(ASCII配列、US配列)と日本語配列(JIS配列)の代表的なキーボードの配置図を載せます。

●英語配列(ASCII配列、US配列)

●日本語配列(JIS配列)

最も分かりやすい見分け方は、カナが書いてあるか否かです。

よくあるキーボード関連不具合として報告されているものに、「配列通りに入力できない」という不具合があります。例えば、『「@」キーを押しても、「@」以外の記号が入力される。「ろ」キーを押しても、何も入力されない。「変換」キーを押しても、変換されない。「半角/全角キー」を押しても日本語に切り替わらない』といったものです。

これは、日本語キーボードが英語キーボードとして認識されている状態になっている可能性が高いです。キーボードをWindows 10に正しく認識させ直す必要があります。

▼Windos10での設定方法

Windows設定画面より、「時刻と言語」>「地域と言語」>「ハードウェアキーボード」と進むとキーボードの設定変更が可能です。(下記画面参照のこと)

一度、日本語キーボードを使っているのに、設定されているキーボードレイアウトが日本語となっているかどうか確認しましょう。

その他:キーボード小ネタ

ここでは、キーボードにまつわる小ネタをご紹介します。

▼キーボードだけでシャットダウンするにはどうしたらいいの?

キーボードだけで手軽にシャットダウンしたいとことがあると思います。

デスクトップが表示されている状態で、【Alt】キーを押しながら【F4】キーを押すことによってシャットダウンのダイアログ(設定用の小さなウインドウ)が開きます。 通常は『シャットダウン』が選択されていて、フォーカスが『OK』ボタンにありますから、そのまま【Enter】キーを押すことで手軽にシャットダウンできます。

▼タッチキーボードで手書き入力する方法

  1. 何か文字を入力したいアプリケーションを選択して、文字が入力できる部分をアクティブにします。
  2. タスクバーの「タッチキーボード」アイコンをタップします。
    タッチキーボードが自動的に表示されればOKです。
  3. タッチキーボード右下「入力言語と入力方法を変更する」ボタンをタップし、表示されるメニューから「手書きパネル」をタップします。
  4. 手書きパネルが表示されます。
    四角の中をなぞり、文字を入力します。

▼キーボード google日本語入力って何?

Google 日本語入力とは、Googleが開発した日本語入力システムです。一番の特徴としては、変換辞書の豊富な語彙とそのファイルの小ささにあります

Google 日本語入力では、自動的にインターネット上から辞書を生成することで、予測変換機能・タイプミスに対して「もしかして機能」を実装しています。専門用語や学術用語・話題の人名から、アニメキャラや漫画名まで、流行り廃りの激しいインターネットスラングにまで対応する高い変換精度が驚異的です。
特に、固有名詞の語彙力が他の日本語入力システムと比べて極めて高くなっています。Google検索の語句入力から生成されたビッグデータが辞書にもたらす変換精度の高さは、インターネット上で大きな話題となりました。

一方、問題点としては、文字のつながりを認識して適切な単語に変換する機能が弱かったり、連濁が正しく変換されないことが報告されています。

他のIME(日本語入力システム)との設計上の違いとして、他のソフトウェアに依存する部分を小さくしてプロセスを分けることで、Google 日本語入力がクラッシュした場合にも、他のソフトウェアを巻き込んで落ちることがないようにした特徴があり、この設計のおかげで辞書のアップデート時に、再起動が不要になる利点もあります。